『WORDWARD DRAW』:シンプルだけど頭を使う言葉遊びゲーム【レビュー】

ゲームレビュー

『WORDWARD DRAW』は4文字の英単語を使った言葉遊びゲームです。

言葉遊びゲームというと子供向けのイメージがありますが、中にはクロスワードのように頭を使うものも存在します。

このゲームは後者の頭を使うゲームになっており、遊んでみると意外と面白いので、今回紹介しようと思います。

『WORDWARD DRAW』はitch.ioで無料で遊べます。

itch.ioでの評価(2023/8/19時点)4.8(231)
価格無料
制作者Daniel Linssen
日本語対応なし
対応プラットフォームWindows、HTML5
リンクitch.ioストアページ
基本情報

どんな言葉遊び?

『WORDWARD DRAW』は4文字の英単語を使った言葉遊びです。

このゲームでは”Picture Words”と呼ばれていますが、英単語の中には絵で表せることのできる単語がいくつかあります。例えばWormは虫ですが、絵で表せますよね。

このように絵で表せる4文字の英単語の内から絞られた、全部で105個の単語を見つけることが、このゲームの目的です。

ではどのようにこの”Picture Words”を探すのかというと

  1. 前の単語から一文字変える
    • WORM(虫) → WORD(言葉)
    • WORMの”M”を”D”に変えてWORDを見つけた
  2. 前の単語を並び替える
    • WARD(区) → DRAW(描く)
    • WARDを並び替えてDRAWを見つけた

の2つの方法のいずれかを使って、新しい単語を見つけます。そしてこれを繰り返し”Picture Words”までたどり着くことが求められます。

ここで注意しなければならないことは、存在しない英単語は見つけられないということで、当てずっぽうではクリアできないのです。

”Picture Words”を見つけると、演出とともにその英単語のイラストが現れます。見つけた単語がそうでない場合は、イラストは現れません。

TABキーを押すことで、発見した”Picture Words”の一覧を確認することができます。基本的に見つけていない単語は隠されているのですが、ヒントとして常に3つの単語は明かされています。

行き詰ったときにこのヒントを確認することが大事です。

癒しあり

日常的に英語を使わない人にとっては、パッと絵で表せそうな4文字の英単語はすぐに出てきません。私も然りで、かなり考え込まなければゲームを進めることはできませんでした。

そんな中でもこのゲームは癒しを与えてくれます。イラストもそうですし、細かな部分のサウンドもかなり柔らかく作られており、”Picture Words”を見つけた際は、単語を見つけた達成感がありつつ、安らぎも感じることができます。

まとめ

プレイし始めると意外と単語が見つからなくて、すぐにヒントに頼ってしまいました。文字を変える際の2つの制約がうまく働くことによって、なかなか目的の単語に行きつかないんですよね。

さらに「これはPicture Wordsだろう」と思っていた単語がそうじゃなかったりすることもあり、結構一苦労です。ただそれ相応の達成感もあり、楽しむことができました。

『WORDWARD DRAW』はブラウザ版とダウンロード版がitch.ioで遊べるので、気になった人はぜひプレイしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました